読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家Xの成り上がり道中記

投資家として生活できるようになるために奮闘する記録

投資用語の壁①EPSとPERについて

株式投資をはじめると、3文字の英略語が頻繁に目に入るようになります。この文字列を見るだけで難しいと感じてしまう方も多いのではないでしょうか?

今回は数ある中からEPSについて調べていきましょう。

 

EPSとは?

EPSとはEarnings Per Shareの略称です。日本語で表すと1株当たり利益となります。1株当たり利益と言われてもわからない方は、そもそもの株と会社の関係について勉強していきましょう。

会社の価値と株式の関係

会社の価値というのは、時価総額とう金額で表されます。では、時価総額はどのように算出するのか?

時価総額=株価×発行済株式数

会社の価値(時価総額)は、現在の株価に発行済株式数を掛けることで算出することができます。この金額が会社の価値となるのです。

たとえば、株価が100円で発行済株式数が100株の会社があったとすると、100円×100株=10,000となり、その会社の価値は1万円となります。

 

このことから、株を買うという行為は会社の一部を買っていると言うことができます。また、株は会社を分割した時の1つの単位という意味合いを持ちます。

 

話を元に戻して、1株当たり利益というのは会社を分割した単位である株の1株当たりでいくらの利益を稼ぐことができたのか?を表す金額です。EPSが毎年上昇していれば、その会社は稼ぐ力が毎年上昇していることを表します。株価の上下だけでなくEPSの変化にも注目してみてください。EPSの値は財務諸表から計算しなくても四季報にも載っているので簡単に確認することができます。

 

次は、このEPSと関係が深いPERについて確認していきましょう。

PERとは?

PERは、Price Earnings Ratioの略称です。日本語にすると株価収益率と表されます。株価収益率と言われると難しい気がしますが実はすごく簡単です。算出する方法は次の通りです。

PER=株価÷EPS

PERは現在の株価に対してどのくらい稼ぐ力があるのかを表す数値になります。

たとえば、株価が2000円でEPSが100円の場合PERは20となります。この20とゆう数値は、2000円の投資に対して100円の利益を稼いでいるとゆうことを表しています。

一般的にはPERは15〜20が適当と言われていますが、急成長が期待される会社や業界では100以上がつくこともあります。株価は現在の状況だけでなく将来の期待も込めて買われる部分もありますので、将来に期待できない会社のPERは低くなりますので、一概にPERが低いからお買い得とも言えません。

 

まとめ

今回はEPSとPERについて解説しました。

EPSは、1株当たり利益のことでこの値は大きければ大きいほど良く、更に毎年上昇していることが望ましい。

PERは、株価収益率のことで、現在の株価に対しての稼ぐ力を表す。数値が高い低いだけではお買い得かどうかの判断ができない。